2013
01.27

黒澤明、スターウォーズは音楽が多過ぎ

趣味・創作

黒澤明がスターウォーズについてジョージ・ルーカスと会話したことのあるエピソード。黒澤明監督はスターウォーズについてバックの音楽が多すぎると感じたようだ。それ以上のことはわからないが、このコメントを開かされたのが、山田洋次監督と音楽家の久石譲のトークの中でだ。

そもそも、スターウォーズの制作者であるジョージ・ルーカスは黒澤明の大ファンだったので、スターウォーズの撮影招待に来てくれたことも嬉しかったろうね。しかし、黒澤明は正直に告げるものだね。さすがである。

黒澤明監督がジョージ・ルーカスに招待され、「スターウォーズ」を鑑賞したときのエピソードを披露。「黒澤さんはルーカスに意見を求められて、『音楽が多いな』と言ったらしいです。ルーカスがあれこれと言い訳するから『多いんだ!』と怒鳴ったら、ルーカスが泣き出したそうです(笑)」と打ち明けた。

引用元: 山田洋次&久石譲、“情報”と化した映画や音楽を痛烈批判! : 映画ニュース – 映画.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。