鼻から入れる上部消化管内視鏡を発売(オリンパスメディカルシステムズ)

未分類

オリンパスメディカルシステムズ株式会社(社長:森嶌 治人)は、患者さんに負担の少ない上部消化管内視鏡の検査手段の1つとして、経鼻挿入を可能にした「EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープOLYMPUS GIF TYPE N260」(以下、「GIF-N260」)を6月30日から国内で発売します。当製品は、超小型・高解像CCDの採用により先端部外径4.9mmの細径化と同時に医療機関で広く使われている先端部外径9mmの当社製上部消化管汎用ビデオスコープ※1と同等レベルの高画質化を実現しました。

 外直径が5mm程度の内視鏡だ。僕は今までに2回、胃カメラを飲み込んだことがある。1回は、昔ながら?の直径が1cmはあろうかと言うもの。これは苦しかったですね。息をするのも慎重になりました。2回目は今回のものとは違うと思いますが、同様に鼻から入れられるほどの細いもので実際に鼻からの挿入になりました。僕は敏感なので喉などへの麻酔は実施しましたが、本当に楽でしたよ。口から入れて食道を通る感覚を意識しなくて良いのは、気持ち的に楽です。
 どこの病院でも意識しなくて良いように、早くこういう細い内視鏡が浸透するように願いますねえ。