2015
01.12

息子の二十歳

日記

息子が二十歳になった。自分の分身とはまるで思えない性格と容姿。

昔は押さえつけていた言葉がいつの間にか逆転している。そう言う考えもあるよな、である。逆にこっちの思いはなかなか伝わらないこともある。そういう所も通過するのだろう。自分も思えばそういうことがあった。友達のようになれたら良いね。

馬刺しをいただいた。あれ?味が思いの外しない。息子も同じ事を言った。何だか嬉しかった。

D7F6614

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。