2012
07.11

橋下市長は、何故、大飯原発再稼働を容認したのか

政治

この記事はとても面白いと思った。とてもわかりやすかった。件名の理由の方が重要なのだが、この田原氏の文章がとても何故か快かった。
なるほど、橋下市長は、大阪市の中小企業の夏の停電回避の為に、原発再稼働を容認したのか。しかも、今年に限ってなのか。こんな重要な事を知らなかった。橋下さんが、知事になった頃は物凄い人気だったものが、期待とスピード感のギャップから誹謗中傷に一部変わってきている。そう言う部分にマスコミは反応するであろうし、現実に不満の人もいるであろう。
でも、総じて関東からの目線に比べてば地元関西での評判は好調だと思う。僕も賛成に近い。

橋下市長には野心よりも、地元の声よりも、政界への意地よりも、正解への道のりを感じる。

なぜ橋下市長は大飯原発再稼働を容認したか。東京のメディアが取り上げない真実とは7月5日午前、関西電力は、安全基準をクリアしたとして、
大飯原発3号機の発電を開始した。
日本全国の原発が停止しているなか、昨年3月の福島原発事故
以来、定期検査で止まっていた国内の原発が再稼働するのは、
これが初めてになる。
この大飯原発の再稼働に抗議し、原発のある、おおい町では、
役場周辺でデモ行進をするなど、全国から集まった市民が
再稼働に抗議した。
大飯原発につながる道路は、市民グループによって封鎖された。
東京でも永田町の首相官邸前で大規模なデモが何度も
おこなわれている。
6月29日のデモでは、主催者発表で20万人もの人が集まった。

僕も原発はなくなったほうがよいと思っている。
これほど危険なものはない。
3・11の福島原発の事故をみても、とても人類が制御できる
ものではない、ということは明らかである。
将来的には全廃すべきだろう。
ただ原発再稼働は、これとは別の問題ではないだろうか。
今年の夏というすぐ目の前の問題だからだ。
例えば関西電力が数字を出している。
もし大飯原発が再稼働しなければ、今年の夏は、15パーセントの
節電が必要になるという。
このままでは電力が不足することを政府も認めている。

橋下徹・大阪市長は、原発再稼働に断固反対だった。
しかし、その橋下さんが今夏に限って再稼働容認に転じた。
なぜか。
大阪には中小企業がたくさんある。
彼らが大阪の経済を支えていると言ってよい。
その中小企業の経営者たちが橋下さんにお願いしたのだ。
「再稼働をせずに夏を迎えれば停電が起きるだろう。
停電が起きても、大企業は自家発電機があるから大丈夫だ。
しかし自分たち中小企業はそんな設備はとても持てない。
停電の被害をもろに被るのはわれわれなんだ」
これで橋下さんは、再稼働を容認せざるを得なくなった。
「原発事故の危険性より、目の前のリスクに腰が引けた」
という橋下さんの発言には、こういう背景もあった。
だが、これをメディアはきちんと報じていない。

先日、僕は大阪の新聞記者と話をした。
20年以上のキャリアを持つベテラン記者だ。
彼は再稼働に反対だ。僕は彼に尋ねた。
「東京の新聞は、なぜ橋下さんが反対から再稼働に転じたのか、
ちゃんと報道しない。なぜなんだ」
ベテラン記者は、大阪ではちゃんと報じていると答えた。
東京にも記事を渡しているが、東京本社が受け付けないのだ、と。
どういうことかというと、地方は地方でやっていろ、東京は
別だという意識なんだそうだ。
そして、これはどの新聞も同じなのだ。

先ほど、東京でのデモの話をした。
この原発反対運動の中心は、ツイッターだった。
チュニジアやエジプトで次々に革命が起き、独裁政権が倒されて
いった。ジャスミン革命である。
このとき、ツイッターやフェイスブックが原動力になった。
マスコミは買収され、政権の意のままの報道しかしなかったからだ。
しかし、国民はツイッターやフェイスブックで情報を分け合い、
互いに声をかけて、デモがどんどん広がっていった。

これと同じ動きが、日本でも起きている。
とてもおもしろいことだと僕は思う。
メディアが報じないこともツイッターで広がっていく。
さらに、ツイッターなどのネットで、「脱原発派」と「推進・必要派」が
議論をしている。
なかには、かみ合わないやりとりもあるだろう。
だが、続けていけば議論は必ず深まっていくものだ。
僕は、ここに新たなジャーナリズムの可能性を感じるのである。

元ページ: http://www.taharasoichiro.com/cms/?p=844

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。