2009年スマートフォン 1位、2位をiPhone 3G/3GSが独占

IT・家電

当然と言えば、そうだろうと言う感じ。電車に乗っていても、ZERO3よりもiPhoneを見つける方が増えている。確実に使われている感じ。社内でも、携帯以外?では、みんなiPhoneもしくはTouch、そしてブラックベリー。

アンドロイドは今後増えてくると思うが当面はオタッキーな人たちかと思っている。ドコモでアンドロイドを勧められたら、まだブラックベリーか普通の高機能携帯に目移りすると思っている。

まあ。水物ですからね。今のうかれ気分をひとまず楽しみましょう。


調査結果によると、「最も利用しているスマートフォン」は、iPhone 3Gが24.6%で1位。次いで、iPhone 3GSが21.5%で2位となり、iPhoneが1位、2位を独占した。これまで主流であったWindows Mobileを搭載した「W-ZERO3」[es]」(14.6%)や「WILLCOM 03」(4.5%)などはシェアを落としており、今回はそれぞれ3位、4位となった。GoogleのAndroidを搭載した「HT-03A」は2.3%で10位にランクインしている。 [引用元 「最も利用されているスマートフォン」1位、2位をiPhone 3G/3GSが独占 | 携帯 | マイコミジャーナル]