59年ぶりの卒業証書

日記

沖縄戦で犠牲になったり、戦後の混乱により卒業、修了証書をもらうことができなかった生徒やその遺族らを対象にした県立工業学校の戦時学徒卒業・修了証書授与式が3月30日、那覇市の沖縄工業高校であり、75歳から80歳の“生徒”4人と遺族1人に証書が手渡された。

僕なんて卒業証書がどこに行ったかわからない人間ですが、戦争を超えた人たちの想いはなみなみならないものがあるのだろう。僕のような軟弱な人間には理解というか、気持ちをわかってはあげられない。
現在の高校として卒業証書を授与された人たち。
この年齢だからこそ、戦地に赴き、普通の卒業が送れなかったのでしょう。更に自分の運命がどうなるのか、ものすごく不安に感じただろうな。