2012
03.22

自分の脳を移植するアバター計画

未分類

科学なのか医学なのか悩んだが、ロシアでは人間の脳を移植したロボットの計画を進めているそうだ。名付けて?「アバター計画」。

昔から、自分を永遠のものとするためにSFでは、クローンをいくつも造る作品があるが、ずっと違和感があった。自分と同じものではあるが、今、こうして生きている意識はどうなるのか?クローンは言葉は悪いが双子、三つ子に近い。自分と同じ容姿だけれど、自分とは異なる個体である。

そこ行くと、ロシアのアバター計画は自分の脳をロボットに移動するだけ。そのまま移植するのであるから一時的に意識を失うかもしれないが、電源を入れた瞬間に自分の意識を取り戻せそうだ。

是非、開発に成功していただきたい。永遠の自分を造ると言う計画らしい。でも、脳の容量にも限界がありそうだから、こおままの脳では、どこかで一杯になってしまうと思うけれどね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。