amazonが本のページ売りの仕組みを開発発表

日記

 必要な部分だけを購入できるシステムは、本屋の立ち読みみたいなものか?立ち読みは無料だが(基本的にお店は許さないシステムだが)、インターネットで本を購入する場合、今までは購入者のアドバイスなどがせいぜいだった。
 部分購入が出来れば、気に入って全体を買う人もいるだろうし、新聞などの場合、自分の記事だけを購入することが出来たり、あるテーマで検索して集めたりで来て引用する際に便利だと思う。ただ、今まで部分売りなど聞いたことがないから、著作権の問題などあるのだろうけれど、おもしろいサービスだと思う。

ITmediaニュース:Amazon、有料で書籍本文にアクセスできる新プログラム開発中

このうち「Amazon Pages」は、1冊の本の中で必要なページだけをオンラインで購入できる“バラ売り”プログラム。例えばマーケティングに関心のある起業家が、ビジネス書の中から必要な章だけを選んで購入するといった使い方ができる。