押尾被告「一生面倒見る」と身代わり頼む

歌舞伎の市川海老蔵はフリーキャスター小林麻央に「一生愛する」と言ったらしいが、押尾被告の「一生面倒見る」とは大違いだな。こんな約束、わけわからないよね。しかし彼の件は長いね。まあ、人が死んでいるんだからしょうがないか。酒井法子はその後どうなったのであろうか。大学は退学になったんだっけ。

TBSの報道番組によると、昨年8月2日、押尾被告は東京都港区の六本木ヒルズのマンションで押尾被告と一緒にいた飲食店従業員田中香織さん(当時30)がMDMAを飲んで死亡した際、押尾被告は呼び出した元マネジャーに「一生面倒見るから」と身代わりになってくれるように相談。元マネジャーが「携帯電話の履歴が残っているから無理」と拒否すると「お前も一緒にいたことにことにして、オレがいなくなった後に(田中さんが)急変したことにしてくれ」と迫ったという。元マネジャーは、田中さんの携帯電話を捨てた証拠隠滅罪で東京簡裁から罰金20万円の略式命令を受けている。 [引用元 押尾被告「一生面倒見る」身代わり頼む!? – 芸能ニュース : nikkansports.com]

コメント