アドビのiPhoneアプリ開発技術の打ち切り

スポンサーリンク

Appleの声明より、昨今のAdobeの悪あがきに興味を持った。AdobeはどうしてFlashをPDFの様にオープンにしないのだろうか?と、考えたとき、この技術を公開するのは惜しいと思っているからだろうな。iPhoneやiPadがどんなに流行ってデファクトスタンダードになろうとも、これはAppleの製品である。そこにはオープンなソフトを求めると宣言しているのだから仕方がない。ブラウザーにはFlashが動いている。でもそのためにはFlashを動作させるためのプログラムのインストールが必要なのだ。こういうのは僕は本当は嫌い。ブラウザーの機能を好きなようにカスタマイズするためのプラグインは大切だが、これもオープン技術を使っているものが本当は好き。要はブラウザーを限定しないプラグイン。そのブラウザーを使っていても導入出来るタイプのもの。Flashはちょっと違う。Flashの上で動く素敵な仕組みを手にいれるためにFlashを導入しなければならない。FlashとはAdobeだけのものである。こういうのは好きじゃない。これは個人的な勝手なわがままだろうけれど。

Adobeも今後はAndroidにフォーカスるなんて言い方、子供じみていて反抗期の様だ。いずれまた、戻ってくると思うよ、Adobeさんは。

Appleの姿勢には共感するし断固貫き通して欲しい。それで愛すべきソフトウェアであるPhotoshopやIllustratorを失おうとも。。。もっと楽しいアプリケーションの登場も期待できるし、そこにはオープンなフォーマットの画像処理に対応したアプリケーションの登場が続くかもしれない。それはとても素敵なことだ。

[引用元 アドビのiPhoneアプリ開発技術の打ち切りに、アップルが声明 : [特集]iPhone/iPad – Computerworld.jp]

コメント