GUMMYと書いて「コミ」と読む

 またしても、ナイスなサウンドを見つけたよ。GUMMYと書いて「コミ」という韓国の女性ボーカリスト。グミでは無いからね。

 元々は韓国で活躍居ている人。今回、Jeff Miyahara氏のプロデュースによる完全日本オリジナル楽曲で「FATE(S)」というミニアルバムを制作。全く日本語として違和感の無い歌いっぷり。

スクリーンショット 2013 04 21 10 10 03

 とても良い感じの人でしょう?ブラックで冷たい感じもする小悪魔。歌を聴くと一転してポップです。

 ミニアルバムの楽曲は以下の通り。どれもホント良いです。編曲も都会的で緻密(ちみつ)に作り上げられてます。特に4曲目の「あの日にいさせて」は、すばらしい。この曲だけ、少し韓国なまりを感じるのだけれど気のせいかも。曲も良いけれど、それは水もの。それよりも、歌い方が好き。歌詞の中身を知らなくとも涙が出そうになる。綺麗な歌声だ。

1.ALL FOR LOVE
2.Answer
3.信じてる・・・
4.あの日にいさせて
5.親愛なる君へ feat. D-LITE (from BIGBANG)

 そんなGUMMYは2011年11月に日本デビュー。2012年の「YG Family Concert in Japan」にて小室哲哉と「globe」の「DEPARTURES」のカバーを披露。3月には「ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード2011」で、今後の活躍が期待されるK-POP歌手に与えられる「韓国ビルボード特別賞」を受賞している。

 満を持して2013年、GUMMY初の全編日本オリジナル楽曲を収録したミニアルバム”FATE(s)”が4/3にリリースされた。

コメント