2017
09.25

次世代ヘッドフォンアンプ「AUMEO AUDIO」は僕にはまだ合わない

ガジェット

AUMEO AUDIOはとても良い興味ある製品には間違いない。

誰しも、聴覚は性能が違う。そこに同じヘッドフォンで聴いたとして最高の音質では聴けないだろう。

例えば、右の聴覚が弱っている人は音のバランス調整で右側を大きくすることで音源の定位が真ん中に調整され気持ちよく聴けるだろう。

同様に聴いている音の周波数(高低)帯域も人によって、左右の耳によって違うと思うんだ。低音をもっと大きくしたいとかという音の好みではないよ。低音そのものが左右の耳でちゃんと聞き取れていないのではないかということ。

「AUMEO AUDIO」はそれを補正して、本来の持っている音源の音を忠実に再現しようという製品だ。

左右の耳に高さの違う、周波数の違う音を鳴らし、音が思ったより小さいとか大きいとかで補正していく。その後、その調整を覚えこませた後、ヘッドフォンで聴くと元の音源通りに聴こえるはずという仕組みだ。

これは素晴らしい製品だと思う。

ただ一点、今後僕はAirPodsで音楽を聴こうと思っている。この製品はBluetoothで接続するんだけれど、AUMEO AUDIO自身がBluetoothだからなのかBluetoothのヘッドフォンには対応していないのだ。なので本当惜しいのだけれど、今回のバージョンはパスだな。

NewImage

聴覚測定アプリで音質を最適化!次世代ヘッドフォンアンプ「AUMEO AUDIO」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ): “「AUMEO(オウメオ、と読みます)」は、「AUDIO」と「ME(私)」を掛け合わせた造語です。つまり、あなたにぴったりの音を作り出せる夢のようなオーディオということ!その技術は、アップルの共同創設者スティーブ・ウォズニアックや、ヴァージン・グループ総帥のリチャード・ブランソンからも高く評価されています。”

(Via.)