Cドライブ直下に「Program」というフォルダーは危険

IT・家電

手許で、とあるレガシなアプリケーション(CLI) のログを拾うため、ログ保存場所を指定したわけですが、”Program Files” というダブルクォーテーションが認識されず。どういうわけか、 ログを保存するのが C: 直下の Program というテキストファイルになってしまいました。

なんと、Cドライブの直下に「Program」というフォルダーを作って使っていると中には通常あるフォルダー「Program Files」と勘違いして動作し正常に動作しないプログラムやWindows OSそのものの一部の機能があるそうだ。間違っても、このフォルダーを作らないようにね。