2013
04.09

FCバルセロナでプレーするメッシ2世と言われる久保建英選手(11歳)

スポーツ

 日本人でありながら、FCバルセロナで活躍する久保建英(くぼたけふさ)君は2001年6月4日生まれの、まだ11歳。年代別国際大会「地中海カップ2013(U-12)」で優勝し、大会のMVPにも選ばれた。

 彼は、バルセロナは地元出身者以外の選手とは13歳以上からしか契約しないというバルセロナの規定を覆して入団テストに合格。あのメッシでさえ当時13歳で入団だ。彼は2011年から入団以来既に100ゴールも決めている。ハットトリックも何度もやっている、スゴい少年なのだ。バルセロナ以前は川崎フロンターレU-10でプレーしていた。横浜で開催されたFCバルセロナキャンプでMVPを獲得した特典でベルギーで開催されたソデクソ・ヨーロピアンカップにFCバルセロナスクール選抜として参加し、そこでもMVPに選ばれてしまった。

 そして、バルセロナスクールのコーチが入団を推薦し、そのまま合格して入団してしまったんですよ。

 当時のコーチ、オスカル・エルナンデス氏の話がすごい「この選手は絶対に見ないと損をするから、練習参加だけでもさせてやって欲しい」とバルサカンテラの責任者であるアルベルト・プッチ氏、ギジェルモ・アモール氏に対して、何度もかけあったのだそうだ。そして、この練習試合の3日後には、バルセロナに住む意思があるかどうかを彼に聴いたほど。

 彼のオフィシャル・ホームページ「がんばれ!タケフサ」では連日、彼のすばらしい戦績がアップされている。

スクリーンショット 2013 04 05 13 35 17

 このホームページを読んでいると彼の活躍がよくわかる。検索エンジンを使わなくとも戦績や、日々の暮らしぶりまでよくわかって面白かったw。彼はまだ11歳。これからの成長がとても楽しみだけれど、このままスペインで活躍し続けてしまって、日本のことを忘れてしまわないか心配です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。