2013
05.15

GACKTが週刊誌FLASHの「女性レイプ告発」報道に対し「事実は存在せず」

テレビ・芸能

 突然のGACKTがレイプしたの?と言う報道。5月13日発売の週刊誌FLASHに掲載されたいわれの無い内容に提訴の準備を開始したようだ。

NewImage

 サイトによる本文は以下の通り。

2013.05.13
「FLASH」等の報道について
5月13日発売の週刊誌「FLASH」等にGACKTに関する記事が掲載されました件について、ご説明させて頂きます。

今回の報道の内容で表現をされた様な暴行をふるった事実は存在せず、
「FLASH」発売元の光文社に対して、名誉毀損で提訴する準備を含めて進めております。
また、被害者とする女性の言動も事実ではないことを確認しておりますので、
これに関しても法的措置を含めて検討しております。

ファンの皆様及び御取引各位にはご心配をおかけしますが、
皆様にご心配をおかけしないよう対応を法律顧問とともに進めてゆきますので、
ご理解を戴けますよう、宜しくお願い申しあげます。

 報告の中には「レイプ」の文字は無い。単に「報道の内容で表現をされた様な暴力」と変えて表現した。「レイプ」という文字そのものを残したくなかったのだろうか、いわれの無いことなので。

 同誌によると、11年9月、GACKTが男性2人と 都内のキャバクラに来店。GACKTは酒を一滴も飲まず、店で働いていた女性にシャンパン等を飲ませていたようだ。その後、GACKTの迎えの車が来ると、「自宅まで送る」と女性に申し出たが、断ったにもかかわらず、強引に車の中に連れ込み、車の中で性行為に及んだのだそうな。その後、彼女の家では無くGACKTの自宅に連れ込み、女性の顔を殴るなどして早朝まで 約6時間にわたって性行為に及び、行為の最中、GACKTは「俺は妖精みたいだろ?妖精って言え」などと強要したということ。

 今後もある芸能人が、こんなことするのかねえ。

 この事で女性は店を辞め、2012年11月に警察に相談し、弁護士を通じてGACKTに謝罪を要求したそうだ。しかし、謝罪がなかったことなどから警察に強制わいせつと強姦の被害届けを提出し、4月末に受理されたという。結構時間がかかるものなのだな。それとも信憑性の問題だったのか?

 ただし、FLASH側は更にGACK事務所に対する取材をしていてGACKTの事務所は「女性から自宅に行きたいと頼まれて自宅に招いた」、「その方に対する暴行などは一切ありません」と否定しているそうだ。

 この事務所に取材に行った内容の信憑性はどうなの?本当に取材して事務所側はこのような返答をしたの?返答が事実ならば、GACKTは自宅に見知らぬ女性を招いたことになる。そんなことするかねえ〜。何もかも、わからん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。