iPhone 4機種変更時の残金の落とし穴

iPhone 4を予約された中で、前機種の残金のある方は多いと思います。15日に予約にソフトバンクに出かけた方は帰りに予約確認書なるものをいただいた方は、一番したの行の残債金額合計の欄を見て下さい。その金額に納得された方は以下の内容は不要です(笑)。

あれ?僕は◯◯◯◯年の◯月に購入して端末代金は月々◯◯円払っているから、残金はこんなに大きく無いはず。と、思ったあなた!、そうなんです、そうなんですよね。でもね月々払っている金額は既存の携帯に掛けられた割引率に基づいて割引金額が引かれた金額なのです。

機種変更した場合、それ以降は割引率が解除されてしまうのです。が~ん!!つまり、例えば割引率50%で毎月3,000円払っており、残り2ヶ月ある人は残金が3,000円×2ヶ月=6,000円と考えると思いますが、実は機種変更するとそこからの割引率50%は適用されず、3,000円の毎月の支払いは6,000円に戻り、一括で払う場合、12,000円になる訳です。通常割引率はもっと大きいので十分に気をつけましょう。
とほほ。。。

iPhone3G・iPhone3GS・iPhone4のスペック比較
RyoAnna’s iPhone Blog
   私が知る限り、iPhone3GとiPhone4のスペックを比較をした記事はない。 3Gが発売されたのは2008年7月。私は本体の代金を分割で払っている。2008年10月から支払いを始めて、そろそろ2年だ。ソフトバンクに確認したところ、4へ機種変更する場合、3Gの本体代金に割引が適用されなくなるため、残金は約1万円になるらしい。1万円ならヘソクリでなんとかならない事もなくはない。 ヘソクリも3重否定も半分冗談だが、そろそろ買い替えてもよい時期だ。動作スピード、本体の傷、マルチタスクへの非対応と …

コメント

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com