2018
09.30

鹿児島の奄美で灯台が消失

ニュース

 FRP製品なので軽かったからかなあ〜。かなり前からあるみたいだから、それでも今回の風雨が激しいってことだろうね。

しかしまあ綺麗に無くなったもんだ。

今の時間からまだまだ天候は悪くなるだろうから、皆さん気を付けてくださいね。

AS20180930001079 comm

鹿児島・奄美で灯台が消失 根元から無くなる:朝日新聞デジタル:

奄美海上保安部によると、鹿児島県奄美市では港の灯台が消失した。30日午前9時ごろ、台風の被害状況を確認していた同保安部職員が、名瀬港の防波堤にあった高さ11メートルの灯台が無くなっているのを確認したという。灯台は港の入り口にあったが、根元から無くなり、がれきも見つかっていない。灯台はFRP(繊維強化プラスチック)製で、1989年に設置された。29日午後8時には灯火が点灯していたという。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。