2012
10.30

Mac OS X Server その1のファイル共有サービス

IT・家電

先日来、Mac OS X Serverの運用を開始してみた。DNSやらDHCPなど、およそ設定に悩まないものは、Macintoshらしくサクッとかんちくりんに運用が可能で嬉しい。

今の問題は、セキュリティ、パーミッション、つまり外部から見えてしまう、WebDAV、ファイ共有サービスの設定だ。

先ずは、ファイ共有のUserへの見せ方で悩んでいる。みなさんは、どうしているであろうか。ファイ共有用のフォルダを作成し、共有ポイントを登録すると自動的にオーナー、オーナーグループ、その他のUserと言う項目が作られる。

その、「.User」部分のアクセスポリシーをどうするのが良いのか?誰でも使える、パブリックはフルアクセスで良いと思う。問題は、各ユーザー自身のフォルダ。UserのポリシーをフルアクセスにしてしまうとMacのホームディレクトリの様に見えてしまう。フォルダが一杯見えてしまいiPadなどからは使いにくい。かと言ってアクセス不可にすると自分のフォルダも見えない。新しいフォルダを作成して、そこ限定なんていう使い方になってしまう。
何かうまい解決をしている方は居ないですかね?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。