日本大学のアメリカンフットボール

連日、日本大学の選手が関西学院大学への反則行為から発端のニュースが飛び交っている。

日本大学のアメリカンフットボール部としては「フェニックス」という名前らしい。今日現在は「名城大学」との一戦が最後の試合となっている。

そして最新のトピックは、

本学選手による試合中の重大な反則行為について

5月6日に行われた本学と関西学院大学の定期戦において,本学選手による反則行為により大きな混乱を招き,関西学院大学の選手・関係者の皆さま,関東学生アメリカンフットボール連盟,また国内外のアメリカンフットボールファンの方々に多大な御迷惑と御心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
今回の事態を厳粛に受け止め,今後はこのようなことがないよう,これまで以上に学生と真摯に向き合い指導を徹底してまいります。このたびのこと,重ねてお詫び申し上げます。

と言う記事が書いてある。原因究明等については語られていない。

一方でテレビで報道されている以外に「日本アメリカンフットボール協会」さん、「関東学生アメリカンフットボール連盟」さん、等々、様々な意見や見解を発表されている。

現時点では、当事者同士の発言が異なっており、真実が何であるのかがわからない状況となっている。なので僕の意見も差し控えさせてもらうが、あまりにもな状況に憤然とせざるを得ない。

2018-05-25 10.42.16

コメント