Nucleus CMS バージョン3.3へようこそ

日記

ということで、何度目かのNucleusへの移行である。
僕は、やっぱりこっちのツールの方が使いやすそうです。さて、また、順番にplug-inを導入しますね。

—-
ウェブページの作成を補助する積み木がここにあります。それは心躍るblogになるかもしれませんし、観るものを和ませる家族のページになるかもしれませんし、実り多き趣味のサイトになるかもしれません。あるいは現在のあなたには想像がつかないものになることだってあるでしょう。

用途が思いつきませんでしたか? それならここへ来て正解です。なぜならあなた同様私たちにもわからないのですから。


これはサイトにおける最初のエントリーです。スタートを切りやすいように、リンクと情報を入れておきました。

この記事を削除することもできますが、どちらにせよ記事を追加していくことによってやがてメインページからは見えなくなります。Nucleusを扱ううちに生じたメモをコメントとして追加し、将来アクセスできるようにこのページをブックマークしておくのも手です。

リンク

Nucleus CMSの本家日本語公式ページ。

Nucleus CMSのSourceForgeプロジェクト日本版)ページ。

Nucleus CMSのプラグイン倉庫日本語のリストページ。

ドキュメント – docs.nucleuscms.org

NucleusのFAQ(よくある質問集)原文)ページ。

インストール方法等はユーザー向け開発者向け文書がファイルに含まれています。

ポップアップヘルプが管理エリアのいたるところにあり、サイトのカスタマイズやデザインを手助けしてくれることでしょう。

一度用意されているドキュメントに目を通したら、Wiki日本版)を訪れてください。ユーザーの書いたハウツーや小技が掲載されています。

サポート

forum.nucleuscms.org(本家)
japan.nucleuscms.org/bb/(日本版)

moderatorsとサポートフォーラムで活動する全てのボランティアに感謝します。

admun – Ottawa, ON, Canada
anand – Bangalore, India
hcgtv – Miami, Florida, USA
ikeizer – Maastricht
moraes – Brazil
roel – The Netherlands
TeRanEX – Ekeren, Antwerp, Belgium
Trent – Alberta, Canada
xiffy – Deventer

もし手助けが必要なら、1400を超える登録ユーザーのいる私たちのフォーラムに参加してください。23,000を超える投稿された記事を検索できるようになっておりますので、求める答えに数回のクリックでたどり着けるかもしれません。

Personalization – skins.nucleuscms.org

マルチウェブログとスキン/テンプレートの組み合わせは強力な相乗効果を生み出します。個人的なサイト作成、友人や親戚あるいはクライアントに対するサイトデザインいずれに対してもです。

636の登録されたNucleusで運用されているサイト日本版)の中から特色あるサイトをサンプルとしてご紹介します。

The Zen of Nucleus
beefcake.nl – Beefcake | Nuke the whales!
leng-lui.com – Leng-Lui.com – v7.0: “Memento”

Personal blogs
bloggard.com – The Adventures of Bloggard
battleangel.org – Giving meaning to the meaningless
yetanotherblog.de – Yet Another Blog

Multi user blogs
tipos.com.br – Blogging community

Hobby, Travel and News sites
adrenalinsports.nl – Extreme sports
hsbluebird.com – Hot Springs, Montana’s Online Resource
groningen-info.de – Neues aus Groningen. Fr Leute aus Duitsland.
americandaily.com – American Daily – Home

Nucleus Developer Network – dev.nucleuscms.org

The NUDN is a hub for developer sites and programming resources.

NUDN satellite sites, handles, location and UTC offset:
karma – Izegem +02
hcgtv – Miami -05
admun – Ottawa -04
TeRanEX – Ekeren +02

Sourceforge.net graciously hosts our CVS repository.

Want to play around or test changes, visit our demo site at demo.nucleuscms.org.

Not sure what plugins to use, visit the showcase site where you can see plugins at play in their native habitat.

Then visit the plugin repository at plugins.nucleuscms.org for download and installation instructions.

寄付者一覧

以下の素晴らしい人々による援助感謝を捧げます。ありがとう!

dkex
Uncover the Net
Web Atlas
IPN Lighting
Yu (blog.datoka.jp)
Sony Gadgets and Reviews
Thomas McKibben
CheapWeb.us
– Robert Seyfriedsberger
Toxicologie.nl
– Gordon Shum
Neal Stevens
GamblingHelper
– Oliver Kirstein
Dominiek
Aardschok
nieuwevoordeur.be
Scene24
Eug’s Weblog
The Adventures of Bloggard
Arthur Cronos from Voltos
Free Webmaster Tools and Resources
Domi’s Weblog
– Infodoma
carvingCode.com
Traweb
Gene’s MoBlog
InterfaceThis
The Finster Log
Hop Nguyen
Zwavelaars
Joaquin Scholten
Roel Groeneveld
LVBlog
Xander Mol
– Danilo Massa
01FTP.com
Irmo Keizer
Jason Krogh
Osamu Higuchi
Trent Adams
Arne Hess
The Bluebird
– Rainer Bickel
– Fritz Elfers
European Wall Tapestries
Jamie R. Rytlewski
– Madolyn Piper
Battery Values
Janko Roettgers
– Lukas Loesche
SEO Book
Brandweer de Maten
– Andy Fuchs
Sumoforce
Al’ky’mie
Peter Johnson
TriV Internet Solutions
Margaret Stowe
zenkey dot org
Blots of Info
Rudi De Kerpel
Steve Taylor
Malcolm Farnsworth
– Birgit Kellner
Toby Johnson
Kapingamarangi
Pallalink
PubliusTX Weblog
Reductio Ad Absurdum
GagaWeb
Videokid
– Jon Marr
Luigi Cristiano
– J Keith Lehman
– Bohemian Cachet
– Jesus Mourazos
Stephen Jones
One-Handed Apps
– Alwin Hawkins
Justin Stigall
It is my life
– Greg Morrill
Dutch Submarines
Seventh Watch Design Studios
MacNetv2
– Richard Noordhof
Jamie Rytlewski

Nucleusが気に入りましたか? HotScriptsopensourceCMSでの投票をお願いします。

ライセンス

私たちがフリー・ソフトウェアについて口にする場合は自由のことに言及しているのであって、価格のことではありません。私たちの一般公有使用許諾書日本語訳概要)は、フリー・ソフトウェアの複製物を自由に頒布できること(そして、望むならこのサービスに対して対価を請求できること)、ソース・コードを実際に受け取るか希望しさえすれば入手することが可能であること、入手したソフトウェアを変更したり新しいフリー・プログラムの一部として使用できること、以上の各内容を行なうことができるということをユーザ自身が知っていることを実現できるようにデザインされています。