今回はサイバーダックにしてみる

MacBook Proに新しいmacOS Mojaveをクリーンインストール後、必要なソフトウェアを追加しつつある。ここでFTPを使う必要が出てきて、懐かしのCyberDuckをインストールしてみた。このソフトウェアはいわゆるドネーションソフトウェアである。寄付によって成り立っている。Apps Storeでは「購入」という形になり、ウェブサイトからダウンロードしてインストールした際には、自分である意味価格を決められるわけだ。

お金を払っていないと立ち上げるたびに以下のようなメッセージ(笑)が右上に表示される。

2018-09-26 22.29.15

直感的に使えるので久々ながらに使いやすいと思う。立ち上げていきなりクラッシュしたのでレポートをあげておいた。その後は安定しているようだ。まだ多くのやり取りをしていないので、過負荷テストでもしてみようかな。

コメント