2017
04.12

「3人の親」を持つ赤ちゃんが産まれようとしている

医療, 科学

真っ先に戸籍はどうなるんだろうと思ってしまった。まだ、アメリカでさも認めていられない方法で赤ちゃんが生まれようとしている。

お父さんの精子と母親の正常な遺伝子と難病を遺伝してしまう恐れのある遺伝子部分を他の女性からの遺伝子で置き換えて受精させると言う方法で「健康的な赤ちゃんが」を産もうとしている夫婦。子供が元気であってほしいとの思いから。

これはイギリスでの出来事だ。

健康な女性からすると色々な意見が出て来そうだけれど、凄い時代はさらに続くんだろうな。今は実際に存在する遺伝子を組み合わせているけれど、遺伝子操作と言うところに進んでしまう時代も来るんだろうな。法律で規制し網をくぐって、とか。

あの芸能人の子供が欲しい。いくらでネットで買えるとか。でも親権は自分の夫で。なんだかよくわからない世界になってしまったりして。

SFの世界でもこう言うことはタブーなのかあまり突っ込んで表現した映画も知らないな。病院で生まれた赤ちゃんを取り違えて悲劇を生むと言うものとかはあるけれどね。

僕としては、永遠に寿命のない世界を期待したい。え?それは変だって?

この技術で産まれた子供は、母親、父親、および女性の卵子ドナーの、遺伝子上3人の「親」が存在します。ミトコンドリアDNAにはわずか37個の遺伝子しか記録されていませんが、ミトコンドリアの遺伝子は母親からのみ子供へ受け継がれます。このミトコンドリアの遺伝子に欠陥を持つのが「ミトコンドリア病」。体外受精で、母親のミトコンドリアの遺伝子を置き換えることによって、この難病から子供を守ることが可能になります。

情報源: イギリスで「3人の親」を持つ赤ちゃんが産まれようとしている|ギズモード・ジャパン