WebSphere Studio

IT・家電

その製品は「WebSphere Studio Application Developer V5.1.1」(以下WebSphere Studio)で、ユーザーインターフェイスなどを定義するためのJavaの新しいフレームワーク「JSF(JavaServer Faces)」を採用したことにより、VBライクな機能を実現している。「Java人口を増やしていくために、その環境を作っていく」(山下氏)。

これ見てるとJavaの開発環境も更に進むなと思えた。Eclips等、非常に便利なツールが無料で提供されている中、このWebSphere Studioは、本当にVBに対抗できる世界を提供してくるかもしれないな。これも将来標準化されるJSF(JavaServer Faces)が安定すれば、非常にいいんでないの?って感じです。
落ち着いたら、Javaを試したいと思っているんですが、今はちょっとねえ。。。